技術論文
設備中心
お問い合せ

問い合わせ先

 

TEL:+86-18757195097

       +86-18605816902
FAX:+86-571-81131920

E-mail:jingrui618@163.com

 

営業時間 CLT8:00-18:00 

<12:00-13:00を除く>

 

 

 

ジルコニア――>次世代の歯科セラミック-

ジルコニアの治療について、

ジルコニアは、歯の一部が欠けた場合の治療や、
差し歯、ブリッジ等のオールセラミック治療に適しています。
特に、奥歯や噛み合わせの強い部分の治療では、
強度と靭性が極めて高いこと、自己修復の機能を
持ち合わせている点から、従来のセラミックでは
補いきれなかった症例の治療も可能になりました。
また、ジルコニアはインプラントの上部構造にも最適です。

金属を使用しないメタルフリーな歯科治療

歯科治療では、金属を使用することも多いですが、
最近では、金属アレルギーや、金属色の見た目を
気にされる方が増え、金属を使用しない歯科治療を
ご希望の方が増加しています。
セラミックは、生体親和性の高い、体に優しく美しい
歯科材料で、金属のかわりに歯を補う材料として、
広く使用されてきました。しかし従来のセラミックでは、
強度関係上、内部に貴金属の補強が必要な場合が
ありました。ジルコニアの場合は、金属を超えた
十分な強度と靭性があるため、従来では難しかった
症例でも、メタルフリーの治療が可能です。
コンピューター制御による完全オーダーメイド

ジルコニアはセラミックの中でも、最高の強度と高靭性をもつ優れたファイン・セラミックとして、過酷な環境下で用いられる部品の製造等に、10年以上前から使用されてきました。しかし、歯科に応用されるようになったのは、最近のとこです。

その理由は、ジルコニアはあまりにも硬すぎて、加工が困難だったためです。ジルコニアの硬さは、通常 歯の治療物の加工に使用する、ダイヤモンドバー(ダイヤモンドが吹き付けてある切削工具)を使っても、十分な形成ができない程でした。

そのため、ジルコニアが従来のセラミックの課題点を補う優れた材料なことがわかっていても、歯科材料として実用化することが困難でした。

工業用製品の場合は、均一な形状のものを機械によって大量生産することができるため、様々な用途に向けに加工され、使用されてきましたが、歯の治療物は二つとして同じ形ものもがなく、複雑な形状をしているため、大量生産が不可能です。

そのため、歯科材料としての使用、応用が望まれながらも、実現できないまま、年月が流れてきました。

しかし近年、CAD/CAM(※)を利用した、コンピューター制御による歯科セラミックの加工システムが実用化され、ジルコニアへの応用も可能になりました。

その結果、ジルコニアを使用した、世界に一つだけの個々の歯の形状にあわせた、オーダーメイド型の治療物を製作することが可能になりました。

金属の欠点を補うと同時に、従来のセラミックのセラミックよりもはるかに丈夫で耐久性の高いジルコニアは、セラミック治療の新しいスタンダードとして、欧米やアジアの先進各国で、広まっています。

CAD/CAM=Computer aided design/ Computer aided manufacturing milling の略。

コンピュータ支援によって製品の設計か ら均質な製品を生産・管理するシステムで、CAD 装置とCAM装置で構成されています。まず、CAD 装置が歯の補うべき部分の形状、支えにする歯、模型などから情報を収集し、三次元の数値データに変換してコ ンピュータ上で修復物の形状を設計します。そして、その設計に基づき、CAM装置がセラミックスやチタ ンブロックなどの種々の材料から、治療物を製造します。